全頭診断の修行

競馬歴半年の人による予想と回顧ブログです。競馬がうまくなりたい!

2024/5/25-5/26 回顧

週末反省会のコーナー

 

青嵐賞

予想

keiba-wo-ganbaru.hatenadiary.jp

結果

〇1着11    アームブランシュ

◎2着5    ダノンターキッシュ

△3着4    コスタレイ

 4着6 オウケンボルト

☆5着8 ホウオウプレミア

 

レース振り返り

1000mが1:04.2で激スロー→コスタレイが上げて一気にペースアップだったね

タイムが2:26.3だけど前半1200mが1:16.3なのに対して後半1200mが1:10.0と、結構地力バトルになったね

予想通り直線をどうにかできる東京適性馬が順当に勝った感ある

スタミナだけあると予想したオウケンボルトが結構競ってきた辺り、今回勝ったメンバーは持続力高いかもね、2600mとかも適正あり?

 

評価した馬・してない馬の振り返り

◎2着5 ダノンターキッシュ

まあ勝ち馬とは位置取りの差だけだね、上りも最速だし武器は見せた

前スローすぎて向かなかった分モレイラカバーしたけど、バックストレートで上げて行けないのは元々そういう馬じゃないししょうがない

次は前流れるといいね

 

〇1着11 アームブランシュ

コスタレイにうまくくっついてって直線向いてから強さが出せたね

吉田豊のナイス騎乗

 

▲6着10 ファベル

望んでいたドスローだったがマクリに逢ってしまい敗着と対応力の低さが出たね

横山武騎手が道中捲られても我慢してた辺りこの馬は2400長いのかな~

次は2000mで会いましょうって感じかな

 

△3着4 コスタレイ

今回もルメール騎手が上手くマクって3着に運んだだけで、この結果は馬の精一杯よね

器用なだけで勝ち切るほどの力が無いという読みは当たった

次も出てきたら相手次第だが紐としては安定しそうな馬だな

 

☆5着8 ホウオウプレミア

スローなところまでは良かったが、マクリに対応したから最後伸びなかったね

後半どっかで緩めばワンチャンありそうだった辺り2400適性はありそうだな

 

 

 

與杼特別 2024 

予想

keiba-wo-ganbaru.hatenadiary.jp

結果

 1着1    ペプチドソレイユ

 2着2    ツウカイリアル

 3着4    クールブロン

 4着7    メイショウシナノ

 5着11    ウインメイフラワー

レース振り返り

いやぁ予想馬が5着以内に1頭も入らないの、予想始めてから初なのでショックです

というのも差し馬メインで固めてたから前残りで全滅してしまいました

少頭数であまり流れず、内をロスなく回った馬が勝つという展開…

コースを理解している人はイージー馬券だったんだろうなという気持ちになっている

 

なんつーか先週の平安Sも、その前のユニコーンSもガチ予想して回顧しているのにこのコースのコトなんも理解できてなかったわ

そもそも馬券に入っている馬は前残りというか、坂の下りに入ったところで前から2列目までにいないと間に合ってない

最後の直線が平地だから他コースと違って最後垂れないから結構道中上げて行ける&坂を下りてからスピード出る馬が強いんだな

つまり狙うべきは坂で上げて行ける順位のコントロールが効く差し馬か、内を走ったスタミナ馬だ…

なーんもわかってないよこのコースのコト

 

とまあ先週も最後方一気しかできないオーロイプラータ本命にして外したのに、今週も同じタイプのシャンバラ軸にして外したのバカすぎ

こういう失敗を糧にしてまた今度頑張ろうと思うのでした

 

評価した馬・してない馬の振り返り

◎6着6 シャンバラ

最後方直線一気馬は直線向く前に大外回されるから京都はダメ、覚えましたし…

以下は4角の画像

青=3着以内の馬 ピンク=大外を回すシャンバラの姿

そりゃ間に合いませんわ

 

〇10着10 レッドベルアーム

予想では内に先行馬のライバルいないいってるのに現実は先行馬がいて外回されてる…

以下は最初のコーナー入ってく時の画像

青=3着以内の馬 ピンク=外を回すレッドベルアーム

前提として最初のコーナーはきついから外回されると辛いコースなのだよな…

結局この馬が先行力無かったわ

京都1900mで外枠の先行馬は相当強いと思わない限り評価するのやめよう!と心に誓うのでした

 

▲9着8 インペリアルライン

ゲートで頭を上げ下げしてたから行き脚悪かったね~

結局ケツから走ることになり終戦

 

△8着3 ジョウショーパワー

1コーナーでペプチドソレイユとの間をツウカイリアルに入られて外回ることになったのが響いたね…

あれは内を開けた鞍上のミスとみるか、この馬が不器用とみるか…

微妙なラインだね

 

☆7着9 シュガーコルト

この馬も道中上げて行ける馬ではなかったので終戦

 

消1着1    ペプチドソレイユ

消2着2    ツウカイリアル

消3着4    クールブロン

2回ほど画像で青丸で囲っているけど、この3頭は本当に内側を回ったお得分で入着したね

特にペプチドソレイユは1枠一番でまたスタート不安だからきったけど、まともに出た時点で勝ちみたいなもんだったね

 

 

ディープインパクトC 2024

予想

keiba-wo-ganbaru.hatenadiary.jp

結果

◎1着14 ドゥラレジリエント

 2着10 サルヴァトーレ

 3着12 ナイトアクアリウム

◯4着5 マイネルカーライル 

 5着7 カズプレスト

 

レース振り返り

内枠の馬が全体的にスタート悪かったので割と被せる形になったよな

更に16ロードバルドルが外から被せたから35.5と思ったより流れた

けど600-1000の中間も24.7と緩んだから最後方が伸びるわけでもなく中位差しが決まったレースになったな

走破タイムは早い方だったから、追走力に位置取り、末脚と総合力が必要な馬の能力バトルだったと思う

なので展開待ちの不器用な馬が散った印象

 

まあ馬単体の評価もミスっていたし展開予想もズレた

多頭数の時は器用さも加味しないとだめだなあと思うのでした反省

 

評価した馬・してない馬の振り返り

◎1着14 ドゥラレジリエント

能力も器用さもあって文句なしの競馬だった

1倍台の通り頭一つ抜けてたね

 

◯4着5 マイネルカーライル

思ったよりスタート悪くて2列目になったのが直線の追い出しを待たされる原因になってしまったな

まあ前走と4走前と割と定期的にスタート悪い馬だし今回はダメだったということで。

残念

 

▲6 リバートゥルー

予想通り大外回すことになったけど中盤緩んだ時点で未来無かったね

まあそもそも序盤スロー読みしていたのにこの馬を抑えているの意味不明だなあと我ながら思うのでした

展開読みするなら展開に沿った馬を中心にピックしなさいよ俺

明確な反省点

 

△8 ブランデーロック

トロールビデオ見ると、道中前の馬の真後ろに来ると頭横に向けてる?

砂被り無理だったのかな、仕方ない

 

☆16着3 スノーグレース

今日は走らない回でしたね…鞭打っても全然動かないじゃん

気分屋過ぎる

やっぱ前走が偶然走っただけか~

 

消2着10 サルヴァトーレ

ロードバルドルが外から被せた時点で折り合ってしまうことが確定したので馬券の外れを確信したよね

壁があれば末脚使えるから2着も納得なんだよな…仕方ない

というかロードバルドルは3走前に逃げている&今回はテン乗りの田辺の時点で先行する気だったと気づくべきだった

俺は!浅い!

 

消3着12 ナイトアクアリウム

スノーグレースに対してこの馬は今回も走るんかい!って感じ

運過ぎてわかんねえよ…

まあそもそも能力不足読みしていたけど、意外と序盤から最後方で無ければ(というか馬群にいれば)やる気出るし走ってくれるとかあるのかな

いやわかんねえよ…

 

 

日本ダービー 2024 

予想

keiba-wo-ganbaru.hatenadiary.jp

結果

 1着5 ダノンデサイル

〇2着15 ジャステンミラノ

 3着13 シンエンペラー

 4着1 サンライズアース

◎5着2 レガレイラ

 

レース振り返り

予想時点ではタバル取り消し前だから差し馬もガンガンピックしてたけどさ…

タバル不在になったらシュガークンが一番ハナきりそうな時点でスロー確定だったよなあと思うのであった

なんたって武豊の逃げだからね、東京大賞典のノットゥルノのようにねっちょり進むのは確定だったよなぁ…

なので馬券的には先行馬を固めるのが正解だったんだろうなと思うのでした

 

まあ振り返りはマスクさんのが凄いから、これ読んだ後だと自分から書くことが無い…

note.com

 

流石に人気レースは巷でも振り返り多いので、自分が振り返り書く時間で他人の読んだ方がいいと思うのであった

 

あと競馬学び始めて思ったけど、サイアーラインを考えれば変な馬が勝つのって悲しいね

無敗のダービー馬のほうがキズナの血が残るのが確定して盛り上がったのにな

まあダノンデサイルが菊花賞も勝ってその先も大活躍でエピファネイアの後継種牡馬になれる未来がきてくれればそれでいいか

そうであってくれ…

 

評価した馬・してない馬の振り返り

◎5着2 レガレイラ

△11着8 アーバンシック

バックストレートで後ろから3~4頭目を走っていた時点で厳しかったねい…

 

〇2着15ジャステンミラノ

スタート悪かったのがすべてじゃない?

シュガークンより前立ててたら楽なレースだったろうに

まあ競馬ってそんなもんか

 

▲6着6 コスモキュランダ

出遅れが痛かったとな…

デムーロは確かにキャプテンシーも出が悪かったし、結構先行が必要な場面では怪しいジョッキーなんだね

学びましたし…

 

☆8着18 エコロヴァルツ

抜群の飛び出しに思い切りよくハナ切ってからのガッツリスローコントロール

岩田親父の思い切りの良さは凄いな

直線向いた時も先頭に残っていて、現地で大興奮しちゃったね

最後は距離が長かったというか仕掛けが早くならざるを得なかったから散ったが…

単勝最下位人気ながら勝つために全てを尽くして見せ場たっぷり!満足です

 

あと武豊が折り合いを教えたからか、スローでも全然掛かってなくて凄いなあと思った

逃げについてはキタサンブラックを思えばこっちの走らせ方のほうが適正なのではとか思っちゃうよね

まあ今回は展開向いての8着なので2000m以下が適正なのかなって感じだけど…

秋以降も期待できる一頭だと思うわ

本当にお疲れ様でした

 

消1着5 ダノンデサイル

人事を尽くして天命を待つとはこの事だね

あの直線で内が開くと信じて動かないのはもう覚悟決まりすぎてる

ベテランの味、凄い

 

消3着13 シンエンペラー

長い直線に強いのは凱旋門馬の弟だからだろうか

いつでもコンサバに走ってていい馬だね

あと先行馬では力ある方だったから、正直アーバンシック買うくらいなら押さえておけばよかったと思っている

まあもうたらればなんですけどね

レース展開に大きな影響を与える馬が消えたら馬券は見直す!これ大事だね…

 

 

---

 

白百合ステークス 2024

予想

keiba-wo-ganbaru.hatenadiary.jp

結果

 1着8 ミナデオロ

△2着2 オフトレイル

◎3着3 ナムラフッカー

▲4着7 エコロレイズ

 5着9 トゥルーサクセサー

 

レース振り返り

1000m1:00.8で1:46.5なので残り800mが45.7かあ

長い脚バトルでしたね

 

 

評価した馬・してない馬の振り返り

◎3着3 ナムラフッカー

能力 ー 内前有利分 = 今回の順位

まあこれ鞍上が2走前に後ろから行った亀田騎手だから今回も同じになったのね

過去に騎手が乗ったことある場合は同じ乗り方をする可能性が高いとかあるのかな

展開もだけど馬の挙動も予想するのは難しいね…

 

〇6着1 モモンウールー

前走が坂で力尽きてたのがフラグだったか…

今回も直線向いた時には体力残ってなかったねい

この馬は1800は厳しい、覚えましたし

 

▲4着7 エコロレイズ

この馬も内前有利で外回した分が順位に反映されたね

差し有利馬場でまた会いましょう

 

△2着2 オフトレイル

最終コーナーで顔の向きが凄いことになっていたから外に行こうとしていたのかなアレ

あのロスなければ頭もあったかもしれないね

まあ位置取り悪いなりに頑張ってくれて、評価していた以上だったやっぱG3で6着は伊達じゃないね

 

消1着8 ミナデオロ

予想では「能力が足りているかは疑問」と結論付けたけど、今回の出走馬で京都1800mの持ちタイムが一番早かったんだよな

展開や斤量の得あっても時計出せる馬は強い、胸に刻むべし…

 

 

 

----

 

 

目黒記念 2024

予想

keiba-wo-ganbaru.hatenadiary.jp

結果

◎1着9 シュトルーヴェ

 2着6 シュヴァリエローズ

▲3着4 クロミナンス

△4着2 サトノグランツ

 5着8 マイネルウィルトス

レース振り返り

ケイアイサンデラは良い感じに飛び出したけど、対する先行馬が誰もいなかったな

まあこれは先行しそうだったジューンアヲニヨシとマイネルウィルトスのスタート悪かったのがすべてだと思う

そのせいで単騎逃げなのに競り合う2番手がいなくて1000m1:01.9になった

すると2021-2023のような内前有利レースになってしまったね

その中でも差し切ったシュトルーヴェとモレイラがひときわ輝いたレースだと思うのであった

 

評価した馬・してない馬の振り返り

◎1着9 シュトルーヴェ

こんな前有利で2500mという長丁場なのに、上り3Fを32.9で差し切るのは別格な力があることの証左だと思う

この馬はどっかG1取れるんじゃないか?

 

〇9着12 ケイアイサンデラ

単逃げで追ってくるものがいないからと緩めたのが敗因だと思う

意外と緩めて加速みたいなことできる馬じゃないから前走みたいに突っつかれる必要があったかなーって思っちゃう

大逃げしていたら残っていたと思えるタイムなだけに残念の一言

鞍上が次は池添騎手に変わってほしいな…

 

▲3着4 クロミナンス

先行残りが向いたとはいえ前走で見せた粘り強さを見せてくれたと思う

本当にこの年で本格化してきているね

まあG1級じゃないと思うが、G2の中長距離戦線で年内は活躍できそう

 

△7着5 ヒートオンビート

見返すと、最初の直線でルメールが絶妙にインを守ったから仕方なく下がったのが勝負を分けたのね

枠順の運でしかないとはいえ、ルメールのうまさを感じた一幕だ

クロミナンスと枠順が逆なら3着はこの馬だった気がする程度の走りはしていたんじゃないでしょうか

 

△4着2 サトノグランツ

クロミナンスの内を走っていたはずなのに越せない辺り普通に能力不足に見えるけどどうでしょう

 

消2着6 シュヴァリエローズ

スローで前残りなうえに、瞬発力ではなく時計のかかる持続力勝負になったと一番恵まれたという評価

どっちかっていうと差し馬が来ると思っていたからそもそも評価していなかったのが敗因

しかし最初のコーナーで強引に前につけた西村騎手の積極策が功を奏したね

そしてやっぱり過去に乗った騎手はその時と同じ走らせ方をするんだね

これは学び

 

あと直近2走で戦績上向いていたんだよなぁ

調子ってバカにならないって地方で学んだはずなのに…

残念!

 

 

 

 

====

 

今回の学び

・過去に乗ったことのある騎手はその時と同じ戦法を取りがち

・多頭数の時は器用さも加味

・京都ダート1900mで狙うべきは坂で上げて行ける順位のコントロールが効く差し馬か、内を走ったスタミナ馬

・レース展開に大きな影響を与える馬が消えたら馬券は見直す

展開や斤量の得あっても時計出せる馬は強い

・展開読みするなら展開に沿った馬を中心にピック